事業案内|調剤薬局事業

わたしたちは、
患者さまの健康を願いながら、
患者さまが減ることを心配している。

患者さまが健康になると、お薬は売れません。
お薬が売れなければ、薬局の商売は成り立ちません。
薬局は、患者さまの健康を願いながらも、どこかで患者さまが減ることを心配している。
そんな自己矛盾を抱えています。
全く病気のない世界になっても必要とされる薬局ってなんだろう?
わたしたちは考えます。
病気になってからではなく、病気にならないようにするためのお付き合いをしたい。
患者さまはもちろんのこと、
地域に住むすべての人が健康であり続けるためのサポートを仕事にしたい。
そうすることで、薬局という商売が抱える自己矛盾を自ら打破していきたいのです。

HEALTH DESIGN COMPANY

それは、アイセイ薬局が目指す地域医療の新しいあり方です。
調剤薬局事業から、すべての人の健康をつくる事業へ。
私たちは薬局の殻を破って、その理想へチャレンジし続けます。

HEALTH DESIGN COMPANY

目指すのは、
HEALTH DESIGN COMPANY。ヘルス・デザイン・カンパニー

指すのは、HEALTH DESIGN COMPANY イメージ画像

調剤薬局事業

街の小さな薬局から始まったアイセイ薬局。
企業の成長にともなって、その夢はどんどん広がっていきました。
すべての人の健康を支えたい。
いつしか私たちは薬局の枠を飛び越えて、そんなことを想うようになりました。

HEALTH DESIGN COMPANY。

それは、私たちアイセイ薬局の目指すこれからの調剤薬局のありかたです。

地域密着へのこだわり

患者さまの生活に寄り添い、
困ったときに手を差しのべられる存在に。

アイセイ薬局の90%がマンツーマン型と呼ばれる、地域密着型の出店戦略をとっています。より高い次元で薬物治療管理を行うためには、仲のよいご近所さんのように気軽に相談できる雰囲気、密なコミュニケーションが取れる距離感が必要です。処方せん通りにお薬を出して、重要事項を機械的に説明するだけでは本当の薬物治療管理はできません。顔の見える距離にいて、はじめて地域医療を支えることができる。アイセイ薬局が地域密着にこだわるのには理由があります。

360°ヘルスケア

薬がいらない時でも、
必要とされる薬局に。

調剤薬局は、病気のとき以外なかなか足を踏み入れない場所。でも、健康に関する豊富な知識を持っている薬剤師は、本当はもっと頼れる存在です。私たちは、薬局と薬剤師を身近な存在にするために、さまざまな活動を行い、病気や健康を知る機会をつくることで、日常的に健康への関心が高まるよう心がけています。