キャリアを築いた先輩社員の声

全国規模の店舗ネットワークと幅広い分野への事業を展開するアイセイ薬局では、薬剤師としての様々な道があります。
薬剤師のスペシャリストとして専門分野を極める道はもちろん、薬剤師の資格・薬局店舗での業務経験を活かして店舗を支えるマネジメント職/採用・教育/医療モール開発など本社機能に進む道もあり、アイセイ薬局には多様なフィールドが広がっています。
アイセイ薬局に中途採用で入社後、キャリアアップをしてイキイキと働く先輩社員にインタビューをしました。

薬剤師の職能を極めるスペシャリスト

 

薬剤師として
成長できる環境

薬剤師が本来の仕事に集中できる。
だから患者さまの期待にちゃんと応えられる。それがうれしい。

廣山 美穂

アイセイ薬局 第2北山田店 店長
2016年入社

なぜ転職を考えたのですか?

前職はMRでした。大変な面もありましたが、やりがいや充実感を持って仕事に取り組んでいました。ただ、家族が病気になったことがきっかけで、自分は薬剤師の資格を持っているのに薬学的知識が不足していることを痛感したことがあったんです。せっかく取った薬剤師の資格をもっと活かしたい、これからもワークライフバランスを取りながら長く働きたいという想いで、医療の前線である調剤薬局の薬剤師になる決心をしました。

アイセイ薬局に入社を決めた理由は何でしょうか?

初めて調剤薬局の薬剤師になるには比較的年齢が高めだったこともあって、早く知識・技術を身につけ短期間で成長したいと希望していました。アイセイ薬局は医療モールを多数展開していて様々な処方せんを取り扱えるので、自分の希望にマッチしていると思い入社を決めました。入社してまだ3年ですが、これからもっと薬剤師としての専門性を高めて患者さまの期待に応えたいと思っています。

アイセイ薬局に入ってよかったと思うところは?

従業員がみんな正直で、雰囲気がとても良いです。「仲が良い」というだけではなく、やるべきことをちゃんとやって、その上でコミュニケーションを取りながら互いに成長できる環境だと感じています。そして、薬剤師としての仕事に集中できるようにマネージャーがフォローしてくれているおかげで、私たちはしっかりと患者さまと向き合って働くことができています。他業種出身でも、そこでの経験や視点をしっかりと活かせる会社ですよ。

※インタビュー内容は2018年12月時点のものです。

 

しっかりとした
フォローで安心

「やりたい!」と手を挙げれば
チャレンジできる環境です。

大和 誠

アイセイ薬局 勝どき店 管理薬剤師
2011年入社

なぜ転職を考えたのですか?

初めて勤務した調剤薬局ではひと通りの仕事は覚えられましたが、薬剤師としてもっと成長したいと思った時にきちんとした教育研修制度が整っていませんでした。同世代の同僚もいなかったので、彼らが他の薬局でどう働いているか気になっていたこともあり、「もっと大きな組織で自分の力を試したい!」と思ったので転職を決めました。

転職前と比べて、現在の仕事のやりがいはどんなところに感じますか?

管理薬剤師として、患者さま、医療機関の先生やスタッフ、ケアマネ、取引先などいろいろな人と積極的にコミュニケーションをとって「活気ある店舗」になるよう意識しているところですね。以前の職場では知識や経験を吸収することに精一杯でしたが、アイセイ薬局に入社してからは自然とそれらを還元する働き方になりました。店舗職員にも「自分で考えて・行動してみる」など育成の機会をつくるようにしています。

アイセイ薬局に入ってよかったと思うところは?

教育研修制度が充実している為、経験不足を心配する必要はありませんでした。やりたいことへ手を挙げればチャレンジさせてもらえるような、風通しの良い環境です。今現在も新店の管理薬剤師として日々励んでいますが、任されたらそれきりではなく、何か不明な点があれば関係部署やマネージャーと密に連携が取れて、しっかりフォローしてもらえるので安心して働くことができています。

※インタビュー内容は2018年12月時点のものです。

薬局店舗・会社を支える本社機能

 

楽しんで
働ける雰囲気

自分からアピールしなくても上司がちゃんと評価してくれている安心感があるのがうれしいですね。
私もそんな「上司」を目指しています。

椎名 紀予

アイセイ薬局 薬局運営本部 首都圏第2支店 マネージャー
2013年入社

現場の薬剤師からマネージャー職になろうと思ったきっかけは何ですか?

実は、自分から「なりたい」と言ったわけではなくて、店舗勤務時代に担当だったマネージャーから「やってみないか」と誘われたのがきっかけです。店舗でまだまだやりたいことがあったので、最初はあまり乗り気ではなかったんですけどね(笑)。ただ、上司が自分の働きぶりを見ていて声をかけてくれたんだと思ったらうれしかったですし、支店長からも「ぜひ」と言っていただいたので決心しました。それに、店舗スタッフでもマネージャーでも「店舗を成長させる」という目標自体は変わらないんですよ。むしろマネージャーになれば担当する店舗が増えるわけで、「新しい仕事にも楽しく取り組もう!」という前向きな気持ちになりました。

マネージャーとして大切にしていること・心がけていることはありますか?

店舗スタッフが「どうしたら楽しく働いてもらえるか?」ということを常に考えています。これは自分が店長だった時からいつも考えていたことですね。現在8店舗を担当しているんですが、必ず毎週すべての店舗に顔を出しています。店舗で少しでも働きやすいようにとか、モチベーションが上がるように意識してスタッフと接するようにしています。特に用事が無い時も、世間話をするだけでも寄るようにしています。それも大切なんです。そして、自分が担当している店舗の人たちに「この人が上司で良かった」と思ってもらえたら良いですよね。

アイセイ薬局に入ってよかったと思うところは?

私みたいに「なりたい」と言わない人でも頑張りを評価して引っ張り上げてくれる風土があります。「なりたい人」ばかりが管理職だと、やっぱりギスギスしちゃうと思うんですよね。こうした社風は、女性が多い会社だから、とってもありがたいことだと思います。

※インタビュー内容は2018年12月時点のものです。

 

経験がキャリア
に活きる

本社と現場の「距離」が近くて風通しが良い社風。そこから活気が生まれています。

吉田 誠

アイセイ薬局 薬局運営本部 運営支援グループ
2012年入社

現在の主な仕事内容を教えてください。

本社に勤務して、薬局の運営に関わる企画なら何でもやります。たとえば、患者さまへのサービス向上となるような施策、薬局業務の効率化や働きやすさを底上げするための施策や研修などの企画立案~実施です。誰かから出た「アイデアのパーツ」を具体的な「カタチ」にすることもしばしばあります。また、各薬局ですでに実施している業務改善の取り組みなどを吸い上げて効率良く横展開する仕事にも携わっています。

仕事をする上で大切にしていること・心がけていることはありますか?

アイセイ薬局に中途採用で入社して以来、管理薬剤師として店舗勤務も経験しましたし、マネージャーの仕事も経験しました。アイデアをカタチにする上では、そうした実務経験が大きく役立っています。常に現場のことを意識して、どうやったら薬局店舗のみんなが楽しんで仕事に取り組んでくれるか、どうしたら現場で使いやすいシステムを作れるかなどを考えながら仕事をするよう心がけています。

アイセイ薬局に入ってよかったと思うところは?

店舗に活気があって、みんな明るく元気に働いているのは、とても良いところですね。それは、上司が部下の仕事ぶりを正当に評価しているからだと思います。すごく頑張っているのに評価されなかったら、やる気が無くなりますからね。やっぱり、現場と本社の「距離」が近くて風通しが良いんです。私としては、今までの経験を活かしてマーケティングなどのビジネススキルを身につけて総合力をアップしていきたいと思っています。アイセイ薬局なら、そうすることでチャンスが広がると思いますから。

※インタビュー内容は2018年12月時点のものです。

 

みんなが
同じ方向を
目指す組織

薬剤師がキャリアアップするための多彩なチャンスが用意されているから、自分の理想を実現できる。

立入 節子

アイセイ薬局 薬局運営本部 首都圏第2支店/西東京・甲信越支店 支店長
2008年入社

支店長として大切にしていること・心がけていることはありますか?

店舗の意見、その上司であるマネージャーの意見をしっかり聞くようにしています。もちろん、本社からの要望もあるのですが、すべての立場の意見を公平に聞いたうえで判断をしています。現場に対してこちらからの一方的なコミュニケーションはしないということですね。それに、支店長といっても一人で何でもできるわけじゃありませんから、ちゃんと人を育成したら、その人を信じて「任せる」ということも心がけています。

キャリアアップする上で大切なこととは?

やっぱり「責任感を持つこと」でしょうね。キャリアアップするということは、いままで経験の無い業務が増えるということでもあります。経験の無いことが「わからない」のは当たり前じゃないですか。でも責任感を持って、自分に課せられたミッションをちゃんと理解し、目の前のこと一つひとつを辛抱強くこなして結果につなげることが大事なんです。そのためには、わからないことがあれば誰かに聞かなければなりませんし、周りの人々と柔軟に連携・協力し支え合うことも大切です。

自身が担当する支店をどのように成長させたいですか?

「患者さまのことを考えたサービスができる薬局」を作っていくことが私たちの使命だと思うんです。そういう薬局を作るためには、薬剤師をしっかり育成しなければなりません。そして、そういう薬局をひとつ作ることができたら、その良さを他の薬局に波及させていって、良い薬局をどんどん作りたいと思っています。

まだ見ぬアイセイ薬局の仲間にメッセージをどうぞ。

アイセイ薬局は、薬剤師としてのいろいろな活躍の仕方のチャンスが用意されている会社です。つまり、いろいろなキャリアを発見できる会社なんです。だから、現場の薬剤師として60代・70代まで働く人もいますし、マネージャーや支店・本社のスタッフになる道だってあります。入社したばかりの時に目指す道がみつからなくても大丈夫です。長く働ける会社ですから、ゆっくり考えて道を見つけるのも良いんじゃないでしょうか。

※インタビュー内容は2018年12月時点のものです。