おくすりの基礎知識

お薬の4大目的

  • 原因菌を抑える

    原因療法

  • 症状を緩和する

    対処療法

  • 抵抗力を高める

    予防

  • 病気の有無や体の状況を知る

    検査  診断

お薬のカタチ

お薬の形が種類によって異なるのは、お薬が正しく効くようにするためです。
お薬の形には理由があります。

カタチ理由

  • 使いやすくする

    粉薬のようにパッと口の中に味が広がってしまうようなお薬は、味や飲みやすさが大切です。軟膏は塗りやすい練りもの、点眼剤は目に差しやすい液体です。

  • 効果が早く現れる

    粉薬やシロップ剤はお腹の中で
    すぐに溶けるのですぐに効果が現れます。

  • 効果が長時間続く

    錠剤やカプセルはお腹の中でゆっくり溶けるので、
    効果が長時間続きます。

  • 直接作用させる

    注射や点滴は、体内に直接お薬を入れるため、
    病気やケガに直接作用させることができます。

【外用薬】

(がいようやく)飲まない
Medicine for external use

目・鼻・口などの粘膜や皮膚に
直接使用するお薬

座薬、貼り薬、軟膏、点眼剤、トローチ、吸入剤

【内用薬】

(ないようやく)飲む
Medicine for internal use

口から飲んで、体の中に入れるお薬

粉薬(散剤)、錠剤、シロップ、カプセル

【注射剤】

(ちゅうしゃざい)飲まない
Injections

血管内、筋肉、皮膚など体内に直接入れるお薬

点滴、注射
錠剤 の特長
  • ◎飲みやすく、取り扱いや持ち歩きがしやすい
  • ◎比較的長期保管が可能
  • ◎用量がわかりやすい
  • ◎苦い味を隠すコーティングが施されていたり、段階的に溶けるなどの工夫がしてある
    〈 例えば ⇓〉

口の中では溶けない。

胃では溶けないコーティングにより、
外側だけが胃で溶けて吸収される。

最後に残った中央の成分が
腸で溶けて吸収される。

粉薬 (散剤) の特長
  • ◎体内に素早く吸収するので、カプセルや錠剤に比べて早い効果が期待できる
  • ◎細かな量の加減ができるので、体重や年齢に合わせた分量の調製が容易
  • ◎2種類以上の散剤を混ぜ合わせて調剤が可能

〈 その他、こんな種類もあります 〉

  • 【顆粒剤】

    粉剤よりも粒が大きく、コーティングして苦みやにおいを押さえたりして飲みやすくしているものも多い。逆に粒が大きいため、歯にはさまってしまうこともあるのでご注意ください。

  • 【ドライシロップ】

    そのままでも、水に溶かしてでも飲むことができて、お子様向けによく利用される、甘みをつけた散剤または顆粒剤。他の液剤と一緒に溶かして調剤する場合もあります。

お子様やご年配の方へ

お子様やご年輩の方は、服用が難しい種類や形のお薬があります。そんなときは、
同じ成分で違うカタチのお薬に変更が可能な場合がありますので、薬剤師に相談してください。

  • 「粉薬の味が苦手」

  • CHANGE
  • 飲みやすいドライシロップに変更しましょう。

  • 「錠剤やカプセルが飲みにくい」

  • CHANGE
  • 口腔内崩壊剤や粉薬、シロップ、貼り薬、
    坐薬などに変更できるお薬があります。

お薬が効くメカニズム

お薬はなぜ体に効くのでしょうか?そのしくみと、飲むタイミングは密接に関係しています。お薬を体に効くようにするには、ちょうどよい血中濃度(血液に溶けている薬の濃度)にする必要があります。そのために、用法(食前、食後などの服用タイミング)用量(1回あたりの服用量)が定められています。用法用量は患者さまの病気やケガの状態、年齢や体重、飲み合わせているお薬などを考慮して決められています。

《薬の血中濃度の変化(1日3回のむ薬の場合)》

お薬の効果と副作用

「風邪をひいた」

かぜ薬を飲む

主作用

鼻水が止まる

副作用

眠くなる

例えば、ある人がかぜ薬を服用したとします。服用したのは、熱を下げたり鼻水を止めたりするためです。これを主作用と言います。一方で、服用したことで眠くなることがあります。本来の目的以外の働き、それが副作用です。かぜ薬で眠くなった体験をしている方は多いはずです。

副作用の症状の例 □ 体がかゆくなる □ 眠くなる □ 動悸がする □ めまいがする
□ 体にブツブツができる □ のどが渇く □ お腹が痛くなる □ 下痢をする
voice

おかしいな?と思ったら、できるだけ早く医師、薬剤師にご相談ください。

服用しているお薬を変えたり、お薬の服用を中止するなどの対応をする場合があります。副作用も早期発見を心がけていれば、重篤化を防ぐことにつながります。
 

第1章 お薬のしくみ | おくすりの基礎知識 | おくすりを知ろう | ご利用者さま | 調剤薬局のアイセイ薬局