No02 Aisei People WORK STYLE

 

患者さまとふれあうなかで、
在宅医療のやりがいに目覚めました。

石井 裕二
アイセイ薬局 下総中山店 薬剤師
石井 裕二
石井 裕二

在宅医療を担当するようになって2年半くらいになります。最初はまったく興味がなくて。前の店長に「やってみる?」と声をかけてもらったのがきっかけですね。いろんなことに挑戦するのは自分のスキルアップにつながるので、やってみようかなって。前任者から患者さまのヒロコさん(仮名)を引き継いだときは、あまりお話もしていただけないし、名前も覚えてもらえなかった。でも、ご夫婦ともにお耳が聞こえづらいので、大きい声で明るく話すようにして、前向きにコミュニケーションを取ることを心がけていました。在宅医療はめげないことが大事ですね。

ヒロコさんはリュウマチで足が悪くて、ご飯を口から食べられないので「胃ろう」の手術をしています。チューブで胃に栄養のお薬を流し込んでいくのですが、早く入れ過ぎると下痢をしたり、あるときは炎症を起こしたり…。半年くらいして、ようやく何分で流し込めばいいとか、体質に合う薬がわかってきました。
思えば、その頃からだんだん心を開いてくださるようになって、今では「石井くんが来るのが楽しみ!」と言ってくださいます。

石井 裕二

そうやって実際に患者さまとふれあっていくなかで、在宅医療のやりがいに目覚めたというか、すごく奥深いなと感じています。とにかく知識がないと患者さまの質問に答えられないんです。だから、もっと深く勉強したいと思って講義を受けたり、研修に参加したりしています。

直近の目標は、店長になって店舗管理や人材育成をやっていくこと。その想いは店長やマネージャーにしっかり伝えています。なので、店長になったときに必要となることが多い防火管理者の資格取得を勧めていただいたり、まだいちスタッフなのに管理者が参加する店舗管理研修にも参加させていただきました。上司がバックアップしてくれるので、ありがたいです。アイセイ薬局には社員のチャレンジを見守って、サポートする風土がありますね。

そして、僕も先輩の薬剤師さんに、患者さまに合わせた服薬指導の仕方を教えてもらったり、店長にクイズ形式で出題していただいたりして、知識を吸収しています。店長になっていざ教えるとなったときに、「わからない」では、スタッフがついてこないし、やっぱり「あの店長すごい!」と思ってもらいたいから。

僕のスキルアップをみんなが応援してくれるので日々感謝です。また、そうやって学んだことは後輩たちに教えたりしているので、それは説明するノウハウを身につけることにもつながっているかなと。店長になって、人材教育をするのは楽しそうだなって、今からわくわくします(笑)。

※インタビュー内容は2017年9月時点のものです。

Point Memo

かかりつけ薬剤師として、在宅訪問も行っています

石井 裕二
アイセイ薬局 下総中山店 薬剤師

2015年東邦大学薬学部卒業後、アイセイ薬局に入社。体操の経験を活かし、スポーツファーマシストの資格も取得。休日は愛車のプリウスで買い物や旅行に出かけてストレスを解消。同期のなかでも突出して、ぐいぐい行くタイプ。どん欲に目標に向かって挑戦している。

Aisei People LIFE STYLE

Aisei People WORK STYLE

Aisei People CAREER STYLE

Aisei People CROSS TALK