No04 Aisei People LIFE STYLE

 

仕事と育児を切り替えて、
どちらも楽しく!

秋元 歩
アイセイ薬局 東綾瀬店 薬剤師
秋元 歩
秋元 歩

母が薬剤師だった影響もあり、大学は薬学部へ進学。就職活動を行うなかでアイセイ薬局と出会いました。働く職場を「自分の目で見たい」と思ったので、大型店舗と小規模店舗、そして配属の可能性がありそうな地元の店舗の3店舗を見学したんです。店舗の雰囲気も良く、当時人事の担当者だった藤井社長の飾らない人柄に惹かれ、入社の気持ちは固まっていました。でも、そのあと卒業研究が楽しくなって、大学院へ進学しようかなと思いはじめたんです。人事の方も「進学して、がんばってみたらどうですか」と背中を押してくれたので、大学院へ進みました。そして修了時にも、アイセイ薬局への気持ちは継続していたので、迷わず入社を決めました。

同期の夫と結婚したのは、入社4年目の2014年です。大学院卒が二人だけだったので、初めから同士みたいな感覚で、自然に付き合うようになりました。結婚を機に引っ越し、そのタイミングで南柏店へ。翌年、子どもができて、仕事は続けるつもりだったので産前産後休業を取得しました。ところが体調不良で、8カ月目でお休みに入ることに。南柏店の店長がとても優しい方で、私の体調を考えながら、無理のない働き方をさせてくれたり、お休みに入る際の事務手続きも私の体調のことを気遣って代わりに対応していただいて、今でも本当に感謝しています。

秋元 歩

育児休業は1年半取得しました。出産後はもう育児が大変で!特に意思疎通のできない子どもと向き合うのに苦労しました。私は人と話すことが好きなので、大人と話せないことが辛かったですね(笑)。1日の生活パターンや子育てのポイントもわかってきて、仕事復帰が近づいた頃に、eラーニングで「認定薬剤師」の資格を取得。復帰してからのほうが勉強の時間がとれないと思ったので、子どもが寝たときなどに集中して取り組みました。

今は東綾瀬店で、16時までの時短勤務で働いています。復帰にあたって、やっぱり知識面での不安もありました。休み中に診療報酬が改定されていて、ひとつひとつ確認しながら作業をしたり、まるで新人に戻った気分でした。でも復帰してみて、スタッフとの会話や患者さまからいただく感謝の言葉とか、改めてそういう日常のコミュニケーションが大切なんだと気づきました。仕事をしている方が自分らしいし、仕事と育児の切り替えができているので、どちらも楽しく取り組めています。子どもが小学校に入学する前まで時短勤務が可能なので、当分はこのペースでがんばりたいと思っています。

女性にとって結婚や妊娠は大きなライフイベント。子育てしながら長く働きたいと思っていたので、アイセイ薬局に入って良かったなと思っています。

※インタビュー内容は2018年9月時点のものです。

Point Memo

産休・育休も、気兼ねなく取れました!

秋元 歩
アイセイ薬局 東綾瀬店 薬剤師

茨城県出身。慶應義塾大学修士課程修了後、2010年アイセイ薬局に入社。育児の合間をぬって、感動系社会派ドラマを観るのが楽しみ。「母もの」は必ずチェックしている。学生時代はバスケットをやっていて、運動も大好き。子どもの手が離れたら、ヨガなどの習い事を再開する予定。

Aisei People LIFE STYLE

Aisei People WORK STYLE

Aisei People CAREER STYLE

Aisei People CROSS TALK