健康サポート薬局

「健康サポート薬局」は
地域の健康に寄りそう薬局です

薬のことはもちろん、生活習慣のこと、食事・栄養のこと、介護のこと。健康にまつわるさまざまなご相談にお応えし、地域の皆さまの健康サポートを積極的に行う薬局です。アイセイ薬局は地域へ貢献する取り組みのひとつとして「健康サポート薬局」を推進しています。 薬のことはもちろん、生活習慣のこと、食事・栄養のこと、介護のこと。健康にまつわるさまざまなご相談にお応えし、地域の皆さまの健康サポートを積極的に行う薬局です。アイセイ薬局は地域へ貢献する取り組みのひとつとして「健康サポート薬局」を推進しています。

地域の皆さまの健康を
維持・増進するサポート機能

  • 地域の方向けに、生活習慣・栄養相談など、健康に関する相談や勉強会を実施しています。

    地域の方向けに、生活習慣・栄養相談など、健康に関する相談や勉強会を実施しています。

    詳しくはこちら

  • 病院・クリニック・介護施設など、地域や医療機関との連携を強化しています。

    病院・クリニック・介護施設など、地域や医療機関との連携を強化しています。

  • 健康サポートに関する専門の研修を修了した薬剤師が常駐しています。

    健康サポートに関する専門の研修を修了した薬剤師が常駐しています。

  • 市販薬や介護用品、健康食品を取り扱っています。

    市販薬介護用品、健康食品を取り扱っています。

+

「かかりつけ薬剤師・薬局」など
基本的な薬局機能

  • お薬の飲み合わせ
    管理
  • 残ったお薬の相談
  • 24時間対応
  • 在宅対応

など

このようなお悩み・
ご相談に
お応えします

Q.健康診断や検査の結果から健康に関するアドバイスがほしい。
A.
受診された健康診断や検査項目の意味、検査結果の解説、予防に向けた今後の取り組み方・目標値の設定などについてアドバイスをいたします。
Q.体調に違和感があるが、どこの診療科を受診すればよいのかわからない。
A.
地域の医療・介護をつなげる役割を担っております。症状について詳しくヒアリングをさせていただき、市販薬のご案内や、適切な診療科への受診勧奨(*)、介護に関する相談(在宅医療等)をできる地域連携医療機関のご紹介などをいたします。
*「受診勧奨(じゅしんかんしょう)」とは:ご相談いただいた体調や推測される症状から、すぐに適切な診療科で受診していただくようお勧めすることを言います。
Q.健康イベントはどんなことをしているのでしょうか。誰でも参加できますか?
A.
どなたでもご参加いただけます。地域の皆さまと合同でおこなう「健康祭り」や、運動・食事・栄養など生活習慣の改善を目的とした予防セミナー、症状の重篤化防止についての相談会などを実施しています。
具体的には、血流測定/足の筋力測定/肌の健康度/体組成/肺活量(肺機能)/骨健康度チェックをおこない、個々に合わせた健康アドバイスの実施やお薬に関する相談を受けております。
Q.介護用品、衛生用品は取り扱っていますか?
A.
取り扱っています。薬局に並んでいない介護用品・衛生用品もすぐにお取り寄せしてご提供できますので、お気軽にご相談ください。
Q.普段の食事や栄養についても相談できますか?
A.
疾患が悪化しないような食事内容(過剰な塩分、脂質、糖分、タンパク質の量など)についてアドバイスをいたします。
Q.処方薬以外で飲んでいる市販薬・サプリメントの組み合わせや、今の体調に合っているかどうかがわからない。
A.
治療で服用中のお薬と、市販薬やサプリメントとの組み合わせ(副作用)を確認し、安心して服用できるようにアドバイスをいたします。
Q.血糖値が気になるから測定や相談をしたい。
A.
薬局によっては、指先から採取した微量の血液でHbA1c(*)を測定できる「検体測定室」を設けています。測定後に結果解説や、改善のアドバイスをいたします。(測定室のない薬局もございますため、ご希望の方は事前のご確認をお願いいたします。)
*「HbA1c」とは:直近1~2か月間の血糖状態を示す指標で、病院での血液検査でも用いられている項目です。前日や当日食べた物に影響されないので、日頃の血糖状態の傾向を知ることができます。
Q.他の薬局で処方された薬についても相談できますか?
A.
もちろんお受けしています。ご使用のお薬情報が分かるよう、ご来局時にお薬手帳や電子版お薬手帳をご持参いただくと相談しやすくなりますのでご活用ください。また、薬局の営業時間外でもお電話でご相談いただけます。(24時間対応)
Q.医師に伝え忘れたことがあるんだけど、どうしたらいいですか?
A.
他科併用薬、他科受診の症状、残ったお薬など医師にお伝え忘れたことがありましたら、次回の診察時までに、薬剤師が相談者(あなた)の代わりに医療機関へお伝えします。
※処方内容を変える必要がある場合は、薬剤師が医師に報告・相談いたします。
Q.残った薬はどうすればいいですか?
A.
自宅に残っているお薬を薬局にご持参いただくか、またはその残数を教えていただければ、処方内容(数量)を調整できるよう医師と検討いたします。
Q.薬が多すぎて飲みにくいので減らしたいんだけど…
A.
より飲みやすくなるように、別の剤形(薬の形)や、処方内容の見直しを医師に提案いたします。
Q.「かかりつけ薬局」は必要なの?
A.
複数の医療機関を同時期に受診されることがあるかも知れません。それぞれ異なる薬局でお薬を受け取った場合、患者さまがどのような組み合わせでお薬を使用されているかが分かりにくくなります。そこで、「かかりつけ薬局」という一か所の薬局ですべてのお薬を把握し組み合わせを管理することで、副作用の防止や、必要以上のお薬の服用を回避することができます。このようなメリットもありますので、患者さまの健康を守るパートナーとしてぜひご活用ください。

アイセイ薬局の健康サポート薬局店舗はこちらから

店舗一覧を見る