お知らせ

【PR】アイセイ薬局マンスリーレポート 2019年2月号

アイセイ薬局では2014年8月より、当社グループの最新ニュースをお知らせするマンスリーレポートを毎月発行しております。2019年2月号は、薬局を活用した“ストアプロモーション事業”をご紹介しています。

薬局を他企業のプロモーションの場として提供 「ヘルスケア」をテーマにした活用を提案

アイセイ薬局が取り組む“ストアプロモーション事業”

アイセイ薬局は、調剤薬局が地域の健康情報発信と予防医療の拠点となり、薬剤師が皆さまの健康管理のパートナーになることを目指しています。現在、薬局店舗では薬剤師による健康相談やコンサルティングはもちろん、薬局内に設置しているデジタルサイネージ「ヘルスケアビジョン」や自社で発行する予防医療啓発情報誌「ヘルス・グラフィックマガジン」、薬局における物販企画「ヘルスケアショップ」などを活用して、より多角的にヘルスケアに関する情報を地域の皆さまにお届けしています。

ヘルスケアビジョン/ヘルス・グラフィックマガジン/薬局内掲示ポスター/ヘルスケアサンプリング

「健康を取り戻したい方々が集まる場所」である調剤薬局を、「健康」「ヘルスケア」をテーマにした商品やサービスを扱う企業のプロモーションの場としてご活用いただく取り組みが、アイセイ薬局の“ストアプロモーション事業”です。調剤薬局は、医療拠点として信頼されており、健康志向層に商品やサービスを届けたいと考える企業さまにとっては対象者に効率良くアプローチできるチャネルとしてご活用いただけます。また、この取り組みは、健康情報拠点である薬局の機能を高めることとなり、来局者へのサービス向上にもつながります。(※直近のプロモーションの事例は、下記の通りです。)
直近のプロモーション連動事例

アイセイ薬局は、現在、薬局内に設置している「ヘルスケアビジョン」や、「ヘルス・グラフィックマガジン」、「ヘルスケアショップ」、「ヘルスケアサンプリング」などの様々なプロモーションメディアを通じて情報発信に取り組んでいます。


薬局店舗内設置の「ヘルスケアビジョン」 薬局での待ち時間を活用する有意義な情報提供

薬の待ち時間を活用して薬局を「有意義な情報提供の場」とするために、当社では2015年11月からデジタルサイネージ「ヘルスケアビジョン」を導入しています。薬局店頭のモニターを活用し、様々な疾患や症状に関する情報、薬の基礎知識、薬局機能の紹介など、ヘルスケアに役立つ情報を動画で発信しています。「ヘルスケアビジョン」では、アイセイ薬局独自のコンテンツを放映するほか、依頼により他の企業からのコンテンツも放映しています。映像素材をお持ちでない場合は、その制作から請け負うことも可能です。

montlyreport_1902_03
アイセイ薬局店舗内に設置しているデジタルサイネージ「ヘルスケアビジョン」

2017年2月1日には、他の調剤薬局415店舗を束ねるデジタルサイネージネットワーク「RX-channel」と連携を開始。当社店舗と合わせて現在全国で約750店舗に配信中。月間137万人以上(当社推計)に動画による健康情報が発信されています。

デジタルサイネージ「ヘルスケアビジョン」放送拠点数(2019年1月31日時点)
デジタルサイネージ「ヘルスケアビジョン」放送拠点数(2019年1月31日時点)

薬局での患者さまの薬の待ち時間は平均15~20分程度(2015年当社調べ)といわれていますが、患者さまにアンケートを実施したところ、実に92%の方が待ち時間に「ヘルスケアビジョン」を見ていると回答。この高い注目率は、媒体の魅力度・高効果を表しています。

患者さまアンケート
患者さまアンケート

「ヘルスケアビジョン」は、患者さまが来局中に各コンテンツを少なくとも1回は視聴していただけるように、番組の編成や放送回数を設計しています。また、患者さまの受診科目に合わせて番組編成を、複数パターン用意して患者さまにより親和性の高いコンテンツを放映しています。さらには店舗単位でも番組編成を調整できるので、店舗で扱う商品やサービス、受診科目やエリアに合わせて放送内容を変えることもできます。これらにより、深い商品理解が期待できます。

「ヘルスケアビジョン」でしか見られないオリジナル動画も放映するなど、チャネルの魅力も日を追うごとに向上しています。今後も、今まで以上に有益な情報をお届けできるよう、コンテンツの充実をはかってまいります。

番組表(例):1ロール約20分
番組表(例):1ロール約20分

店舗で販売している商材と関連するコンテンツの出稿事例:「リハたいむゼリー」(株式会社クリニコ様)
店舗で販売している商材と関連するコンテンツの出稿事例:「リハたいむゼリー」(株式会社クリニコ様)


「ヘルスケアビジョン」のコンテンツの充実を目指す 薬局あるある漫才動画を通じて薬局機能を面白く紹介

お笑い芸人「三拍子」を起用「薬局あるある漫才」の動画シリーズ第二弾放映開始

アイセイ薬局は、2019年2月1日より全店舗でお笑い芸人「三拍子」を起用した「薬局あるある漫才」シリーズ第二弾「おくすり予約サービス」の放映を開始しています。

「薬局あるある漫才」は、アイセイ薬局が健康管理の拠点として地域医療に貢献していくために、オリジナル漫才を通じて、薬局の機能を面白く分かりやすく紹介していくシリーズです。動画「薬局あるある漫才」は、「ヘルスケアビジョン」のコンテンツの魅力を高め、患者さまにより有益な情報を発信することを目的に制作がスタートしました。
本シリーズで起用しているお笑い芸人「三拍子」は、「芸人1000人が選ぶ売れてないけど本当は面白い芸人」(フジテレビENGEIグランドスラム)で1位に輝いた実力派漫才コンビです。彼らの独自センスを活かしたオリジナル漫才を通じて、情報を面白くかつ分かりやすく紹介しています。

シリーズ第一弾は、「かかりつけ薬剤師」をテーマにしたもので、2018年10月より放映しております。
今回制作したシリーズ第二弾「おくすり予約サービス」では、スマートフォンやタブレットなどから、調剤予約ができる当社の無料WEBサービス「おくすりPASS FAST(パスファスト)」の機能を紹介。処方せんをスマートフォンで撮影し、おくすりを受け取りたい時間を指定して送信。患者さまは自分の予定に合わせて調剤を予約できるため、時間を有効活用できます。また、薬局での滞在時間を大幅に減らすことができるため、感染症が流行する時期には、二次感染のリスク低減にもつながります。
「おくすりPASS FAST」は2018年11月1日からサービスの提供を開始。その利便性の高さからこのサービスを利用する患者さまが急速に増えています。患者さまからも「薬を効率的に受け取れる良いサービスなので、これからも活用していきます。」との声もあり、大変ご好評をいただいております。

■おくすり予約サービス「おくすりPASS FAST」の詳細はこちら

今後も、「薬局あるある漫才」を通じて薬局のさまざまな機能について、皆さまに分かりやすく紹介していく予定です。また、「ヘルスケアビジョン」を、より魅力的なメディアにすべく、今まで以上にコンテンツの充実化を推進していきたいと考えています。


「広告宣伝EXPO」に出展しました!

アイセイ薬局は、幕張メッセ(千葉県千葉市)で2019年1月30日から2月1日まで開催された「広告宣伝EXPO」に出展しました。調剤薬局業界としては、当社が唯一の出展でした。「広告宣伝EXPO」は、広告活動や宣伝活動を支援するサービスや製品を展示し、商談する日本屈指の規模の専門展示会です。当日は、当社が取り組む“ストアプロモーション事業”の概要や有益性などを来場された多く皆さまに訴求しました。

「広告宣伝EXPO」の当社ブースの様子
「広告宣伝EXPO」当社ブースの様子

ヘルスケアをテーマとしたラジオ番組に出演し、皆さまの健康づくりを啓発

“肩こり・腰痛”をテーマに情報を発信

アイセイ薬局の予防医療啓発キャンペーン「AISEI HEALTHCARE PROMOTION(アイセイヘルスケアプロモーション)」の第四弾となる“もうこりごり!「肩こり・腰痛」解消法”が、2019年1月15日より全国のアイセイ薬局のうち286店舗でスタートしています。この活動の一環として、文化放送(放送対象地域:関東広域圏)のヘルスケアプロジェクトの一つであるラジオ番組「市橋有里 ENJOY!ヘルシーライフ」に、当社が発行する予防医療啓発情報誌「ヘルス・グラフィックマガジン」の編集長門田伊三男(かどたいさお)が出演しました。この番組は、ランニングアドバイザー/アスリートフードマイスターであり、女子マラソン史上最年少メダリストの実績を持つ市橋有里(いちはしあり)さんが、「食」と「スポーツ」の視点から、健康的な生活を送るための秘訣を紹介していくものです。番組収録は、東京都港区にある文化放送本社「SHIBA-HAMA」内で行われ、当日は市橋有里さんと文化放送アナウンサー寺島啓太さん、編集長門田が「肩こり・腰痛」のメカニズムや解消法などについてトークを繰り広げました。この放送は、2019年1月22日~1月25日午後8:40~8:50に放送され、皆さまの健康づくりの一助となったようです。

写真右から メインキャスター 市橋有里さん、ヘルス・グラフィックマガジン編集長 門田伊三男、文化放送アナウンサー 寺島啓太さん
写真右から メインパーソナリティ 市橋有里さん、ヘルス・グラフィックマガジン編集長 門田伊三男、文化放送アナウンサー 寺島啓太さん

スタジオの様子
スタジオの様子

アイセイ薬局マンスリーレポート 2019年2月号はPDFファイル(サイズ:約3.5MB)からもご覧いただけます。

【アイセイ薬局グループの施策に関するご質問や取材のお申込みは、下記連絡先にて承っております】

株式会社アイセイ薬局 コーポレート・コミュニケーション部
担当:霜(しも)・飯村(いいむら)
TEL:03-3240-0994 FAX:03-6212-4193
E-mail:koho@aisei.co.jp