こどもクリニック&こども薬局

こども薬局女の子こども薬局こども薬局男の子

この中の一人だけでも、
将来の夢が医師や薬剤師になってくれたら
うれしいです。

患者さま役は、ご両親。こどもたちは、医師と薬剤師の一人二役となって、まずは医師として診察をし、処方せんを発行して、お薬をつくって渡す。薬局ではお薬がお菓子である事以外は全部ホンモノ。実際に薬局で使われている機械も使って、一連の過程を体験します。普段はなかなかのぞけないガラスの向こう側を実体験することで、こどもたちも大喜び。こども薬局を通して、こどもたちはもちろん、お父さん、お母さんにも、薬剤師の仕事に対する理解や信頼感を育めれば、という思いのもと、全国各地で開催しています。

1こどもクリニックは、こどもの職業体験に賛同頂
いた実際のクリニックで、クリニックの皆さんのご協
力の下、行われることも多くなっています。
こども薬局は、実際の店舗を利用して行われています。
白衣に着替えて薬局という空間に、ちょっと緊張して
いるようです。はじめに医師役のお子さんたちと、
患者さま役の親御さんたちに分かれてもらい
ます。

2診察をして、カルテを書こう医師役のお子さんたちは、診察してカルテをつくり
ます。まず、病院に来る患者さんは、何かしら「ここ
が痛い」「これが辛い」といった気になっている症状
がある事がほとんどで、医師はその内容を知ることが
とても大事。それを解決するために、検査で原因を
知り、それに対応したお薬を処方箋に書いて、
薬剤師に指示を出しているという医師の仕
事を理解してもらうためです。

3処方せんを出そう患者さんの病気に従って、処方せんを出します。

4お薬をつくろう処方せんを出したら、今度は薬剤師役になって、
いよいよお薬を作ります。
実際にアイセイ薬局で使っている
機械を使って、調剤にチャレンジ。

5軟膏も調合しよう薬剤師の実際の仕事を疑似体験するお子さん
たちの表情は、真剣そのものです。

6お薬を
患者さまに渡そう
できあがったお薬を袋に入れて、患者さま役の
親御さんにカウンターでお薬を説明しながら
渡します。これですべての薬局体験が
終了です。

7:お薬を患者さまに渡そう イメージ

7医師・薬剤師体験を
思い出に
最後はみんなで記念写真。中には、本当に医師や
薬剤師になりたくて、このイベントに参加してくれた
お子さんもいらっしゃいました。この中から一人で
も医師や薬剤師が誕生してくれたら未来の医療
を支える一助に。「こども薬局」は今後も
各店舗で随時行っていく予定です。

8:薬剤師体験を思い出に イメージ

おわりに

今まで、もらったから何となく飲んでいたお薬。医師の診察から薬剤師の調剤まで、すべての工程を本物の薬局で体験してもらうことで、その一錠の意味を知ってもらいます。お薬への関心を高めること。それがみなさんの健康を考えることにつながるのです。

こども薬局女の子こども薬局男の子

こども薬局 | アイセイ薬局の取り組み | ご利用者さま | 調剤薬局のアイセイ薬局