アイセイヘルスケアプロモーション

アイセイヘルスケアプロモーション“これなら燃える!内臓脂肪”キャンペーン アイセイヘルスケアプロモーション“これなら燃える!内臓脂肪”キャンペーン

予防医療啓発キャンペーン
“これなら燃える!内臓脂肪”

実施期間
2018年10月15日〜2019年1月14日

予防医療啓発キャンペーン第三弾は、「これなら燃える!内臓脂肪」です。
内臓脂肪は過剰に蓄積するとメタボリックシンドロームに至り、脳卒中や心疾患の危険性も非常に高まります。我が国では中高年男性の50%以上、女性も無視できない比率の方がメタボあるいはその予備軍と推定されており、認知症などと並んで健康寿命を縮める要因の一つといわれています。今回のキャンペーンでは、いままで内臓脂肪を減らすために有効な対策を取れなかった方々でも、「これなら燃える!」と言っていただけるアイデアを提案しています。

“内臓脂肪”を減らすためのコツや知識を伝達

今回のキャンペーンに先立ち2018年10月10日、アイセイ薬局本社に報道関係者を招き、“内臓脂肪”をテーマとしたプレス発表会を開催。その内容は、次の通りです。

  • 東北大学 大学院文学研究科心理学研究室教授 坂井信之氏が、心理学の観点から食べ過ぎを防ぐ方法について解説
  • おいしい健康社 管理栄養士 北村文乃氏から、食生活と内臓脂肪の蓄積との関係についてのお話
  • 東急スポーツオアシス社 エクササイズディレクター 井上敦基氏による、「オフィスでも簡単にできる内臓脂肪を撃退する体操」の実演を交えたレクチャー
  • 料理研究家ユニット「つむぎや」様と当社管理栄養士監修の「内臓脂肪を減らす料理」の試食会
参加した報道関係者からは、「調剤薬局のプレス発表会というものには、初めて出席しました。内臓脂肪に関する様々な情報を得ることができて、とても勉強になりました」「アイセイ薬局が、予防医療に関して積極的に取り組んでいることを知ったことが、本日の収穫でした」など、多くの感想をいただきました。

東北大学 大学院文学研究科 心理学研究室教授 坂井信之氏

東北大学 大学院文学研究科 心理学研究室教授 坂井信之氏

東急スポーツオアシス社 「内臓脂肪を撃退する体操」実演の様子

東急スポーツオアシス社 「内臓脂肪を撃退する体操」実演の様子

イベント登壇者

イベント登壇者

薬局店舗では、おいしい健康社・東急スポーツオアシス社“WEBGYM”とコラボ

キャンペーン期間中は全国のアイセイ薬局店舗で、店舗内に設置するデジタルサイネージ「ヘルスケアビジョン」と店内で配布するチラシを活用し、おいしい健康社・東急スポーツオアシス社の協力を得た取り組みを行いました。おいしい健康社には、「内臓脂肪対策レシピ」をご提案いただきチラシで紹介しました。東急スポーツオアシス社には、「内臓脂肪を撃退する体操」を開発していただき、店舗内の「ヘルスケアビジョン」で放映しました。また、この他にも同社のエクササイズアプリ“WEBGYM”内で、本キャンペーンにあわせたエクササイズプログラムも期間限定で配信していただきました。

薬局店内のデジタルサイネージにて内臓脂肪を撃退する体操を紹介

薬局店内のデジタルサイネージにて内臓脂肪を撃退する体操を紹介

薬局店内に設置されたヘルス・グラフィックマガジン「内臓脂肪号」とおいしい健康社とのコラボによる「内臓脂肪対策レシピ」

薬局店内に設置されたヘルス・グラフィックマガジン「内臓脂肪号」とおいしい健康社とのコラボによる「内臓脂肪対策レシピ」

一部店舗で体組成計を設置

健康サポート薬局を中心とした一部の店舗においては、地域の皆さま向けに体組成計を設置し無料で内臓脂肪レベルを測定できるサービスを実施しております。また、この体組成計で測定された方々が、表示された内臓脂肪レベル数値をメモ用紙に記入して投函していただくと、その数値分の金額をボランティア団体(※)に寄付する企画も実施しました。

体組成計設置コーナーの様子(アイセイ薬局 坂東店)

体組成計設置コーナーの様子(アイセイ薬局 坂東店)

設置店舗の一つである坂東店(茨城県)は、消化器内科クリニックの近隣に開設している健康サポート薬局です。店長の森晴子(もりはるこ)薬剤師によると、体組成計でデータを測定する来局者は毎週コンスタントにおられるとのこと。体組成計のような電子機器の操作に不慣れなご高齢の方には、付き添って操作のお手伝いもしています。体組成計は、内臓脂肪レベルはもちろんのこと、体重やBMI、体脂肪率など各種のデータを得ることが可能です。坂東店では積極的に体組成計での数値測定をお勧めし、得られたデータに基づいてコンサルティングを行っています。

「消化器内科にかかっている患者さまの多くは、クリニックで定期的に血液検査をしており、その結果をご本人から共有していただくことも多いです。それに加えて体組成計からのデータがあると、私たちにとっても患者さまにとっても、健康状態をより分かりやすく把握することができます。初めて測定した患者さまには『BMI』『体脂肪率』『内臓脂肪レベル』について詳しくご説明して、ご自身の健康管理に役立てていただいています。また、こうしたデータは、栄養指導や運動に関するアドバイスなど、さまざまなコンサルティングをする上で有効です。中高年の方をコンサルティングする場合、ロコモ予防の話に及ぶことも多くあります。体組成計で得られたデータは薬歴(=薬剤服用歴)に記載して薬剤師間で情報共有し、どの薬剤師でも指導に携わることができるようにしています」(森晴子店長談)

「これなら燃える!内臓脂肪」のキャンペーン期間は、2019年1月14日までとなりますが、坂東店など多くの店舗では、引き続き体組成計でのデータを活用したコンサルティングを続ける予定です。

※ボランティア団体「がんばりっこ仲間」
子どもの状況が同じママパパが、ネット上やSNSでつながり、気持ちを共有できる“低出生体重児・病児・障がい児親と応援団”の交流の場を提供しています。活動はネット上に留まらず、全国の支部による「集い」や「アーティスティックイベント」への招待などリアルな活動も行います。活動は、医師や看護師などによる「専門職応援団」のほか、一般の「応援団」、そして、さまざまな方々からの寄付金である“応援ちょきん箱”で支えられています。