ビジョン

HEALTH DESIGN COMPANY

発想を転換しましょう。
人々の健康な生活を
DESIGNする薬局

「薬局は病気やけがの時に行くところ」。
患者さまの多くはそう思っています。

しかし、アイセイ薬局は病気やけがを
した人々へのお手伝いだけではなく、

そうならないようにするための
サポートもしてきました。

私たちの社是は“奉仕のこころ”。

そして目指すのは、人々の明日の健康の
ために奉仕する会社。すなわち…

HEALTH DESIGN COMPANY

人々の健康生活を“設計する”。
これが私たちの考える
調剤薬局のあり方なのです。

クリニックステーション

地域のヘルスケア・ステーションとして
患者さま・医師・薬局をつなぐ

「クリニックステーション」は、アイセイ薬局が展開する医療モールの名前です。私たちは、医療モール開発のリーディングカンパニーとして、すでに、全国100箇所以上の医療モールの開発、運営をしてきました。私たちのユニークな点は、医院開業のマーケティングから開業後の経営、そして、ハードからソフトまでトータルにサポートすることです。もちろん、開業後は医院と薬局が緊密なパートナーとなり連携していきます。アイセイ薬局は、医療モール開発を通して、患者さまの医療ニーズにお応えし、地域のヘルスケアのカタチをDESIGNしています。

独自の訪問医療サービス

医療と介護の垣根を取り払い
患者さまの真のニーズに応える

高齢化社会が一層進むなかで、医、薬、介護の連携が大変重要な課題になってきています。こうした中で、アイセイ薬局は薬剤師による介護施設や個人宅への訪問医療サービスを積極的に推進しています。医師の往診に同行するほか、カンファレンスへの参加、終末期対応など、訪問先と患者さま状況に合わせた柔軟なサービスを提供。また、アイセイ薬局グループ自身でも介護・福祉サービス事業も展開し、その運営から得たノウハウも訪問調剤に活かしています。アイセイ薬局は、これからの医療と介護のあり方をDESIGNしています。

ハンズオンミーティング

「医と薬の協業」のための
アイセイ薬局ならではの取り組み

「医薬分業」とは、より的確で安全な治療を行うために、診察して薬を処方する側と、その処方のもとに薬を調剤する側が、互いにチェックし合う機能を高めること。しかし、私たちは、さらに一歩進めて、医師と薬剤師の「協業」を目指しました。そのためにアイセイ薬局が独自に行っているのが“ハンズオンミーティング”という医師との定例会です。そこでは、さまざまな最新医療情報を医師と薬剤師が共有し、治療計画や服薬管理・指導に役立てているほか、薬剤師が患者さまからくみ取った「医師には伝えづらかったこと」なども共有して、治療機会の損失を未然に防止します。アイセイ薬局は、新しい「医と薬の協業」をDESIGNしています。

健康サポート薬局

薬局から健康情報を発信
もっと気軽に相談できる薬局に

アイセイ薬局では、処方箋によるお薬を受け取る時以外にも気軽にお立ち寄りいただけるよう、さまざまな取り組みを行っています。たとえば「健康チェック&相談会」はその一つ。血圧、血流、脳年齢、骨年齢、体組成計測、さらには血糖値や中性脂肪、コレステロールといった身体の状態の気になる項目を無料でチェックできるイベントです。地域の医師による未病をテーマにした講演会「からだゼミナ~ル」なども開催しています。また、私たちの薬局で無料配布している「ヘルス・グラフィックマガジン」を受け取りに来局される方もいらっしゃいます。これは、毎号ひとつの症状にフォーカスし、専門医や各分野の専門家による症状や改善方法などを解説するフリーペーパー。「常識を超越」したユニークなグラフィックを多用し、最新の健康情報をわかりやすく解説する情報誌として「ちょっと素通りはできない」と話題になっています。アイセイ薬局は、地域の皆さまと薬局の新しい関係をDESIGNしています。

調剤機器のオートメーション化

すべては患者さまの
安心・安全のために

調剤のオートメーション化のメリットは正確さと時間短縮。そのメリットを活かせば、患者さまの待ち時間を短縮しつつ、薬剤師にしかできない「患者さまとのコミュニケーション」に調剤機器のオートメーション化時間を割くことができます。アイセイ薬局では、店舗の特徴に合った調剤・監査機器を全店で導入済です。患者さまの待ち時間を短縮しつつ、最大限の安心と治療効果をお届けする - それがアイセイ薬局の責任です。

電子お薬手帳「おくすりPASS」

お薬が飲めなかったことを
知らせるのも、治療です。

薬による治療は、決められた通りに服薬することが前提。しかし、忙しくて飲み忘れたりした経験、ありますよね。アイセイ薬局の電子お薬手帳アプリ「おくすりPASS」を使えば、そうしたことを防ぐことができます。これは、従来の紙のおくすり手帳が果たしてきた「重複投与の防止」、「飲み合わせ確認」の役割に加えて、家族の服薬の一元管理や薬を飲む時間をお知らせする“服薬アラーム”など、治療効果の低下を防ぐ機能を搭載しています。また、受け取った処方せんを、すぐにスマートフォンのカメラで撮影し最寄りのアイセイ薬局に送信する機能もあります。これを活用すれば、薬剤師は患者さまが来局される前から薬を準備できますので、薬局での待ち時間を大幅に短縮できます。服薬支援、残薬管理などの機能においては特許も取得した「おくすりPASS」。アイセイ薬局は、患者さまの利便性や治療の質の向上をDESIGNしています。
※特許 第5946160号

こども薬局

未来を担うこどもたちに
医療の大切さをわかってほしい

全国各地で開催している「こども薬局」は、未就学児・小学生に、実際の薬局の設備を使って薬局の仕事を体験してもらうプログラムです。普段は入ることのできない薬局の業務スペースにおいて「お菓子でできたお薬以外はすべて本物」という体験イベント。参加する子どもたちは真剣そのものです。保護者の方々からは、医療の重要性や薬剤師の仕事に対する理解が深まったとの声もいただきます。参加した子どもたちのうち、一人でも薬剤師を目指してくれたら・・・。「こども薬局」は、2015年に「第9回キッズデザイン賞~未来を担う消費者デザイン部門~」を受賞。アイセイ薬局は、未来を担う次世代とのコミュニケーションをDESIGNしています。

健康図書館

お薬の待ち時間を快適に

医療用の医薬品は体に及ぼす影響が大きいため、調剤には100%の正確さが必要であることは言うまでもありません。加えて、患者さまご自身の体質や、他のお薬との飲み合わせのチェックなど、データを確認してお薬をお渡しするまでには、どうしても一定のお時間がかかってしまいます。でも、患者さまにとって「待ち時間」は退屈なだけ。だから、アイセイ薬局では薬局内に「健康図書館」を設けました。大手書店チェーンの協力のもと、来局される患者さまの年齢や男女比率、地域特性、医療機関の種類などを考慮して、ヘルスケアに関する本を中心に、レシピ集、子ども向け絵本、話題の新刊など、こだわりのブックセレクトをしています。まだまだ一部の店舗ですが、アイセイ薬局は、皆さまへの情報提供のカタチをDESIGNしています。