ビジョン

みんなが想う
調剤薬局の
イメージを超えてゆく。

街の小さな薬局から始まったアイセイ薬局。

企業の成長にともなって、
その夢はどんどん広がってきました。

すべての人の健康をつくりたい。

いつしか私たちは薬局の枠を飛び越えて、
そんなことを想うようになりました。

HEALTH DESIGN COMPANY

ここに広がるのは、
アイセイ薬局が目指す未来です。

クリニックステーション

医師と薬剤師は一心同体、を突き詰めたら
こんなカタチになりました。

さまざまなメリットを持つ医療モール。アイセイ薬局の医療モール「クリニックステーション」が他社と異なるのは、アイセイ薬局自らがドクターの開業プランをマーケティングやマネジメントの側面からサポートし、ハードからソフトまでトータルコーディネートする点。医院の経営が安定しなければ、薬局の経営も安定しません。だからお互いが助け合い、お互いが切磋琢磨する。アイセイの医療モールは「医師と薬剤師は一心同体」の究極の姿なのです。

未来型医療&介護

ここからが医療で、ここからが介護。
患者さまにとっては、どちらも同じなのに。

医療のそばには介護が、介護のそばには医療が必要です。けれども、切り離せないはずの両者の間には、目に見えない壁が存在します。薬剤師がその間に立つことで、両者と患者さまをつなぐことはできないだろうか。今後も高齢者が増えていく日本では、慢性的に医療施設が不足し、在宅で医療や介護を行う必要が出てくると言われています。近い将来にやってくるであろう、本格的な在宅医療時代に、医療と介護のスムーズな連携を実現するために。アイセイ薬局では、いち早く介護ビジネスに参入し、介護福祉施設の運営から得たノウハウをもとに、訪問調剤に取り組んでいます。

ハンズオンミーティング

お医者さんから学び、
お医者さんに学んでもらう。

医師と薬剤師は、切っても切れない関係。病気の治療では薬による治療が8割を占めるため、両者の密接な連携は欠かせません。その連携を深めるためにアイセイ薬局が独自に行っている定例会が、ハンズオンミーティング。病気やお薬についての新しい情報を常に共有することで、医師の治療計画や薬剤師の服薬管理・指導に役立てる。それぞれの医師への問い合わせの傾向を事前に伝えて、問い合わせ数を抑えて対応時間を縮めることで、患者さまの待ち時間を減らす。また、患者さまが薬局で何気なくこぼしていった、医師には直接言いづらいクレームを汲み取って医師に伝え、改善を促すことで、目に見えない機会損失を未然に防ぐ。そんなことも薬局の役割と考えて、患者さま視点にたった、誰にでも愛される、質の高い地域医療を目指しています。

360°ヘルスケア

薬がいらない時でも、必要とされたい。

調剤薬局って、病気のとき以外は、なかなか足を踏み入れない場所。でも、健康に関する豊富な知識を持っている薬剤師は、本当はもっと頼れる存在。私たちは、薬局と薬剤師を身近な存在にするために、さまざまな活動を行っています。たとえば、血圧、血流、脳年齢、肌年齢、骨年齢、体組成計、さらには血糖値や中性脂肪、コレステロールといった、気になる項目を無料でチェックできる「健康チェック&相談会」。地域の医師を招いて未病をテーマにした講演会を行う「からだゼミナ〜ル」。そして、毎号ひとつの症状にフォーカスし、医師や各分野の専門家が症状や改善方法を解説する、年間60万人に読まれる季刊フリーペーパー「ヘルス・グラフィックマガジン」。病気や健康を知る機会をつくることで、日常的に健康への関心が高まるよう心がけています。

スマートファーマシープロジェクト

機械にできることは、機械に。
人にしかできないことは、人に。

あたりまえのことですが、調剤は正確でなければなりません。その作業が速ければ、患者さまを待たせる時間も短くて済みます。だから調剤そのものは、スマートファーマシープロジェクト専用の機械を導入して、正確さはそのままにスピードアップを図っています。こうして生まれた時間で、より深い患者さまとのコミュニケーションを図り、患者さまの生活習慣や生活環境を知ることで、より精度の高い治療や、的確な服薬指導へとつなげています。

ヘルスケアクラウド

健康にも、部活みたいに
マネージャーがいたら、便利なのに。

患者さま自身が、自分の病気のことを理解し、薬のことも理解した上で服用する。そのために、アイセイ薬局ではMy薬局キャンペーンを推進しています。これは、かかりつけの薬局(My薬局)をつくり、薬の情報を一元管理することで、より正確で安全な治療が可能になることを知ってもらう活動です。これをさらに一歩前進させたものが、「アイセイ・ヘルスケアクラウド」。現在、準備を進める次世代型ヘルスケアシステムです。患者さまの薬の処方歴、健康診断データ、過去にかかった病気といった、よりよい治療に必要な情報をクラウド上で管理することで、それぞれの患者さまの生活を考慮した治療へ導き、必要としている健康情報をお届けすることが可能になります。まさに部活のマネージャーのようにあなたの健康をそばで見守る存在です。

こども薬局

この中の一人だけでも、
将来の夢が薬剤師に
なってくれたらうれしいです。

患者さま役は、ご両親。こどもたちは、医師と薬剤師の一人二役となって、診察をし、処方せんを書き、お薬をつくって渡す。お薬がお菓子である事以外は全部ホンモノ。実際に薬局で使われている機械も使って、一連の過程を体験します。普段はなかなかのぞけないガラスの向こう側を実体験することで、こどもたちも大喜び。こども薬局を通して、こどもたちはもちろん、お父さん、お母さんにも、薬剤師の仕事に対する理解や信頼感を育めれば、という思いのもと、全国各地で開催しています。

健康図書館

待ち時間も、心すこやかに。

医療用医薬品は、体におよぼす影響も大きいため、調剤には100%の正確さが求められます。そのためにはどうしても最低限の時間をいただく必要があります。そんな待ち時間を少しでも有意義に過ごしてほしい。そんな想いで、店内に「健康図書館」を設けました。大手書店チェーンの協力のもと、年齢や男女比率、地域特性、医療機関の種類まで考慮して、医療や健康関連の書籍はもちろんのこと、絵本やマンガ、雑誌、話題の新刊に至るまで、こだわりのブックセレクトをしています。店舗スタッフにも好評で、福利厚生にも一役買っているんですよ。まだまだ一部店舗ですが、これからどんどん広げて行くつもりです。

愛誠学園

お薬をつくる人から、つくる。

薬局の将来は、薬剤師にかかっています。私たちは、薬剤師業界全体のレベルアップを図るために、薬剤師・薬学生の成長を支える生涯学習プログラム「愛誠学園」をつくりました。各界のオピニオンリーダーを招いて成長への軌跡を学ぶ「グローイングアップセミナー」や薬学生向けの国家試験対策「絶対合格講座」、習得スキルごとに細分化された「薬剤師・医療事務スキルアッププログラム」などを定期的に開催し、心身の両面で、薬剤師、ひいては業界全体の成長に貢献したいと考えています。

HEALTH DESIGN COMPANY