お知らせ

【PR】アイセイ薬局マンスリーレポート 2019年9月号

アイセイ薬局では2014年8月より、当社グループの最新ニュースをお知らせするマンスリーレポートを毎月発行しております。2019年9月号は、当社のユニークな取り組みについての最近のニュースをお届けいたします。ご紹介しておりますのは、予防医療啓発情報誌「ヘルス・グラフィックマガジン」編集長による中国・上海講演、薬局の機能を分かりやすく伝える動画シリーズ「薬局あるある漫才」、薬局で取り組む「熱中症」予防・対策などとなっております。

業界内外から、そして海外からも注目される当社の取り組み

montlyreport_1909_01

ヘルス・グラフィックマガジンが国境を越えた?中国からの招待により、上海で講演。

初めてご連絡をいただいた時には、予期せぬことに驚きました。今年の5月、中国から「ヘルス・グラフィックマガジン」に関する講演依頼が舞い込んだのです。曰く、「このユニークで面白く、そして役に立つ編集物について、中国の若者の前で講演してください。」

ヘルス・グラフィックマガジン(HGM)は、毎号ひとつの症状にフォーカスし、医師や各分野の専門家が症状や改善方法を、さまざまな角度から楽しいビジュアルで解説する無料の季刊フリーペーパーです。創刊以来足掛け9年、アイセイ薬局のご利用者さまから「面白くてためになる」と好評。また、フリーペーパーの専門家や編集者からも高いご評価をいただき、編集裏話に関するトークイベントを開いたことも。しかし、なんと中国からご招待とは。

今回、連絡をくださったのはGMの自動車ブランド「BUICK」が主催している「一席(イーシー)」という講演イベントの関係者で、HGMのことを中国のSNSで知ったのだそうです。打ち合わせの結果、HGMの編集長である門田伊三男(かどたいさお、コーポレート・コミュニケーション部次長)が、8月17日に上海で講演をさせていただくことになりました。

薬局ならではのデザインへのこだわりに中国の若者も共感!

聴衆の皆さん(主として20~30歳代)の期待は「他では聞けないユニークな話からインスピレーションを得る」ことだそうです。イベントは、毎月、中国の大都市を巡回開催しており、登壇者の専門領域はさまざま。今回も門田のほかに、心理学者、人類学者、建築家などバラエティに富んだ専門家が登壇しました。講演の様子は、後日インターネットで公開されます。上海での会場は、市の中心部に程近い定員600名ほどの演劇用ホールでした。

montlyreport_1909_02
講演タイトルは、「おもしろいのに真面目な雑誌」。講演を聴くために多くの若者が集まりました。

講演では、主として「薬局がなぜデザインを重視?」「HGM発刊の背景」「編集上のポイント」などについて話しました。「わかりやすくて魅力的なデザインが私たちに接していただくきっかけになれば - という想いで私たちはデザインにこだわる。堅苦しくなりがちな医療情報をより親しみやすくしたかった」という説明に聴衆はフムフム・・。ちょっと笑える表紙の例には、聴衆も思わずクスクス・・。「各号一つのテーマでわかりやすく」「情報の鮮度と精度を重視」という編集方針の説明にも高い関心を寄せていただきました。講演後、「非常に印象深い話」「素晴らしかったと門田さんに伝えて!」などの反響をいただけたそうです。

montlyreport_1909_03

私たちの取り組みは、世界的にもユニーク!?

HGMは、英国の権威ある博物館に「ユニークな健康情報誌」として展示されたこともありました。また、ご要望により海外の図書館にも納入しています。もしかしたらHGMのような編集物は、世界の健康・医療の領域でも稀有な存在なのかもしれません。他にも、私たちは、さまざまな制作物においてデザインの工夫をしています。また、オリジナル漫才で薬局機能を分かりやすく説明する「薬局あるある漫才」シリーズも好評。
私たちは、こうした取り組みをきっかけとして、一人でも多くの方に質の高い医療サービスをお届けしていきたいと思っております。

講演イベント「一席」とは?

「人文科学、芸術、科学、技術を含む幅広い分野をカバーし、さまざまな人生の洞察と経験を共有する、急成長中のスピーチプラットフォーム。人が主張する『科学と技術の人文科学の夢』は、ビュイックの時代の進取の精神と一致し、共同で未来の想像力と期待を発見し、探求し、刺激します。」(中国におけるBUICKのホームページ内の中国語の説明を、「Google翻訳」により日本語に翻訳した上で転載したものです)

ヘルス・グラフィックマガジンの全バックナンバーはこちらから

https://www.aisei.co.jp/magazine/
(アイセイ薬局 公式ホームページトップ → アイセイ薬局の取り組み → ヘルス・グラフィックマガジン)


待ち時間を実りある場に 薬局の機能を分かりやすく伝える「薬局あるある漫才」

montlyreport_1909_04

「薬局あるある漫才」第三弾・第四弾が放映開始

アイセイ薬局の店舗内に設置しているデジタルサイネージ「ヘルスケアビジョン」で現在放映中の動画「薬局あるある漫才」は、お笑い芸人「三拍子」のオリジナル漫才を通じて、薬局の機能やサービスを患者さまに楽しくかつ分かりやすく紹介していくシリーズです。今回、新たな作品を制作し、8月1日から第三弾「ジェネリック医薬品」、9月2日から第四弾「薬局訪問医療サービス」の放映を開始しています。

薬局あるある漫才 第三弾「ジェネリック医薬品」


薬局あるある漫才 第四弾「薬局訪問医療サービス」


薬局は皆さまの身近にありながら、その機能やサービスについては必ずしもご理解いただいているとは言い難い現状があります。薬局の機能やサービスについて、皆さまによりご理解を深めていただくために分かりやすく伝える工夫を試行錯誤した結果、たどりついたのが漫才でした。起用しているお笑い芸人「三拍子」は、「芸人1,000人が選んだ『売れてないけど本当は面白い芸人』 (「フジテレビENGEIグランドスラム」調べ)」で1位に輝いた実力派漫才コンビです。本シリーズは、患者さまをはじめ、業界内外から「面白くて分かりやすい!」といった声が届いており、各方面からご好評をいただいております。各テーマは、患者さまに知っていただきたい薬局の機能やサービスについて社内で協議を重ねたうえで選定。今回のテーマである第三弾「ジェネリック医薬品」は、ジェネリック医薬品の安全性や経済的負担の軽減などの理解浸透を目指すものです。また、第四弾では、これからの超高齢社会に求められる在宅医療ニーズの高まりを踏まえて「薬局訪問医療サービス」を選定。ご自宅で療養される患者さまに薬局スタッフが訪問して薬をお届けするサービスについて、フリップと歌を織り込んだネタにより分かりやすく紹介しています。

「お笑い × 健康」で幸せの架け橋を!

「三拍子」高倉陵さんに制作のポイントについてお話を伺いました!(以下、高倉さんコメント)

「“お笑いで世界中に笑顔を増やしたい”という僕の想いと、アイセイ薬局が目指す“人々を健康にして笑顔にすること”は、笑顔で人々を幸せしたいという点で共通したものがあります。健康になるための情報を“お笑い”で伝えることで、人を幸せにする架け橋になれたら嬉しいと思いました。たとえ難しいテーマだとしても、僕らの漫才で笑いを取り入れながら薬局の機能やサービスを分かりやすく楽しく紹介することで、患者さまが興味を持つきっかけになれば嬉しいです。第三弾の見どころは、第一弾・第二弾で好評を博した相方の久保孝真のコスプレです。子ども、サラリーマン、高齢者と、さまざまなキャラを演じ分けています。第四弾では「薬局訪問医療サービス」について、フリップ芸を用いて分かりやすく紹介していますので、ぜひご覧ください。」

当社では、「薬局あるある漫才」を通じてより多くの皆さまに薬局が持つ機能やサービスを知っていただけるように、テーマを変えて今後もこのシリーズを継続していく予定です。ご期待ください。


薬局が「熱中症」予防のクールスポットに

  • montlyreport_1909_05
    薬局店舗に掲示された「熱中症」予防を啓発するステッカーとポスター
  • montlyreport_1909_06
    薬局店舗に設置されたヘルス・グラフィックマガジン「熱中症」号
  • montlyreport_1909_07
    薬局店舗で放映されている動画で「熱中症」予防を啓発

当社では6月中旬から、全国のアイセイ薬局グループ店舗で「熱中症」予防・啓発に取り組んでまいりました。自社で編集・発行する予防医療啓発情報誌 ヘルス・グラフィックマガジン「熱中症」号の設置・配布や薬局店舗に設置しているデジタルサイネージで「熱中症」予防を啓発する動画を放映しております。加えて、一般社団法人日本保険薬局協会(NPhA)が主催する熱中症予防・対策のための取り組みにも参加。その一環として、「体調不良(熱中症)と思ったら、薬局でお休みください」をキャッチフレーズとしたステッカーや「熱中症」の予防・対策をおこなうための注意点が記載されているポスターを薬局店舗内に掲示しております。また、気温が高い日の外出時に、薬局店舗を熱中症予防のための一時休憩所として、地域の皆さまに提供しております。


調剤薬局 新規オープンのお知らせ

2019年9月2日開局
■店舗名:アイセイ薬局 江戸川橋店(店舗詳細情報はこちら
■所在地:東京都新宿区水道町4-13 三晃ビル3階

2019年10月1日開局(予定)
■店舗名:アイセイ薬局 川越駅前店
■所在地:埼玉県川越市脇田本町1-5

■店舗名:アイセイ薬局 センター南店
■所在地:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央1-2 センター南駅光ビル4階

■店舗名:アイセイ薬局 白鍬店
■所在地:埼玉県さいたま市桜区大字白鍬322-3


アイセイ薬局マンスリーレポート 2019年9月号はPDFファイル(サイズ:約3.74MB)からもご覧いただけます。

【アイセイ薬局グループの施策に関するご質問や取材のご依頼は、下記連絡先にて承っております】

株式会社アイセイ薬局 コーポレート・コミュニケーション部
担当:霜(しも)・飯村(いいむら)
TEL:03-3240-0994 FAX:03-6212-4193
E-mail:koho@aisei.co.jp