コーポレートガバナンス

コーポレート
ガバナンスに関する
基本的な考え方

当社は、「医療・福祉サービスを過不足なく、誠実かつ、高潔に提供する」、「地域社会、取引先、従業員との間の良好な関係を創る」、「公正で、透明性の高い健全な経営を行う」という企業理念に基づき成長戦略を実践し、収益性の向上及び企業価値の最大化を図ることを経営課題としています。
これらの目的を永続的に高い再現性を持って実現し続けるためには、コーポレート・ガバナンス体制を確立、強化し、有効に機能させることが不可欠であると認識し、今後も継続的に見直しを図り「リスクマネジメント及びコンプライアンス体制」の強化を図っていく所存です。

コーポレート
ガバナンス・
ガイドライン

当社は、上記に基づき、持続的な企業価値の最大化を実現するためには、コーポレートガバナンス体制を有効に機能させることが不可欠であると考え、「コーポレートガバナンス・ガイドライン」を制定しております。

詳細につきましては、「コーポレートガバナンス・ガイドライン」をご参照ください。